くびれを即効で作るダイエットはあるの?

本気でダイエットして、憧れの美しい「 くびれ 」を即効で手に入れたい!

美意識の高いあなたの願いにくびれのプロが応える結論は ↓↓

「 即効で手に入るくびれるダイエットは、残念ながらありません。」

・・。

・・・。

やっぱりないか、、、。

と気落ちしないでくださいね。

ダイエットは時間が必要になるので即効となると、
今より少しだけダイエットを知ることが大切です。

くびれを即効で作るダイエットはありませんが、
【 即効でくびれ作りが体感できる筋トレ 】はあります。

そもそも、ダイエットと筋トレは違うものです。

ダイエットの効果を高めるのが、「 筋トレ 」です。

普段使われなくなって、ナマケモノになっている筋肉を
トレーニングしてあげることで普段から使われるようにスイッチを押してあげます。

サボっていないで、ちゃんと働いてね!っと。

使われる筋肉が増えると、どうなると思いますか?

1つの筋肉より2つの筋肉、2つの筋肉より3つの筋肉の方が
たくさんのエネルギーを【 消費 】してくれます。

これを定着させるために【 くびれ準備期間 】があります。

筋トレをすると、その効果が定着するまで最低 2ヶ月~3ヶ月ほど必要とされます。

正確には、同じ筋トレを続けたときのピークが終わるのが約 80日。

この80日が即効で効果を実感できる筋トレをしたときの最短のくびれ準備期間です。

美しいくびれを手に入れたいなら、
即効で体感できる筋トレを継続して、定着させることが大切になります。

即効で体感できるトレーニングの大きなメリットは、
「 普段からやってみよう 」と思えるということです。

効果があることが、その場でわかるから
続けてやれば2か月後に「こうなる!」とイメージできます。

続けた結果、エネルギーを消費する普段から使われる筋肉が増えます。

ダイエットをして、即効でくびれを作るポイントは、

【 即効 】と【 継続 】です。

効果的なくびれを作る筋トレ

くびれを作る効果的な筋トレは、腹筋と背筋を鍛えることです。

特にお腹周りは、筋肉が縦、横、斜めと色々な方向に筋肉が付いているので、どの方向の筋肉を普段から使えるようにトレーニングしたら良いのか優先順位を考えると良いでしょう。

いくつかピックアップして、お腹周りの筋肉を見てみましょう ↓↓

・縦の筋肉 「 腹直筋 」

みぞおちの少し上から真っ直ぐに下へ伸びていき、恥骨と呼ばれる骨盤の真ん中に付いています。

背中を丸めるような動きで使われる筋肉です。

・横の筋肉 「 腹横筋 」

背骨から始まりグルっとお腹を覆っているコルセットのような形状をしています。

お腹、腰周りを保護したり、多方面の動きを助ける役割を持ちます。

・斜めの筋肉 「 腹斜筋 」

肋骨から骨盤まで斜めに付いていて、主に脇腹の動き、保護、見た目に関わります。

美しく くびれを作る上で、最も優先順位が高いのが腹斜筋です。

腹斜筋は2つあり、どちらをトレーニングしているか?がとても大事です!

【 外腹斜筋 】

【 内腹斜筋 】

どちらを筋トレすることが効率が良いですか?と聞かれたら、
私は迷わず、「 内腹斜筋 」と答えます。

なぜなら、肋骨を閉じることがくびれを3つに分けたとき、
美しいラインを作るポイントになるからです。

くびれの分け方 ↓↓

① 肋骨の下部分
② おへそライン
③ 骨盤、下腹部

美しいくびれは、この3つがバランス良く働くときに作れます。

効果的にくびれを作る筋トレは、
それぞれが生活の中で使える状態にしていく筋トレです。

くびれる方法のポイントは、腹斜筋!

先ほども言いましたが、
効率よく「くびれ」を作る筋トレをしたかったら迷わず、
「 内腹斜筋 」を鍛えましょうと答えます。

女性だとアンダーバストと考えるとわかりますが、
肋骨の下部分が開いているとそこから寸胴なお腹になってしまします。

寸胴体型になりやすい人の特徴に
外腹斜筋が強く働き緊張しすぎていることが挙げられます。

こうなると、
ウエストが長いから美しい「くびれ」が作られるのに
短くなってしまい寸胴になります。

外腹斜筋の過度な緊張を和らげ、
内側からサポートするのが内腹斜筋です。

内腹斜筋は肋骨の内側についているため、
肋骨を閉じる役割とカラダを捻る運動をしたときに
肋骨が開かないように保つ役割をしています。

どのようにトレーニングをしていくと効率よく内腹斜筋が使えるようになるのでしょうか?

ここがポイント!

内腹斜筋を効率よく筋トレして、即効で「くびれ」作りを体感したいのであれば、
肋骨を閉じた状態でトレーニングすることが大切です。

ジムなどでトレーニングをしている人を見ると、
肋骨が開いた状態で腹筋の筋トレをしていることがありますが
これだとくびれができない、お腹だけダイエットできない原因になります。

美しいくびれを作るためには、内腹斜筋を使うことが必要があるからです。

これがオススメ「くびれの作り方」 ↓↓

肋骨を閉じて、息を吐き切る。

これだけです。
どこでもできます。
簡単です。

【 即効 】で体感できて、【 継続 】できる。

プロがオススメする即効で体感できる「くびれ」の作り方です!

Twitterでフォローしよう

  • くびれの作り方
    即効で体感!「 くびれ 」の作り方☆
  • くびれの作り方
    歩くだけ!1週間で手に入るくびれの作り方
  • 栄養のお話
    くびれるダイエットにオススメの食事は?①「炭水化物」
おすすめの記事
もう悩まない!正月太り解消法!!
○○太り解消法!
毎年、悩む正月太り!早く解消したいなら!? 書き手は、くびれ屋の矢矧(やはぎ)です。 おもち、おせち料理、オードブルにお酒。 いつもより...
即効で体感!「 くびれ 」の作り方☆
くびれの作り方
目次1 くびれを即効で作るダイエットはあるの?2 効果的なくびれを作る筋トレ3 くびれる方法のポイントは、腹斜筋! くびれを即効で作るダイエ...